トップページ  Index  Search  Changes  RSS  Login

スマートフォン勉強会@関東#18


スマートフォンの活用方法やアプリの開発の勉強会、スマートフォン勉強会@関東の第18回を株式会社インターネットイニシアティブ (IIJ)で開催します。

開催概要

日時

2012/04/14(Sat.) 13:30 〜 17:30 (開場 13:00)

会場

株式会社インターネットイニシアティブ
(GoogleMap)

  • 東京都千代田区神田神保町1-105[地図] 株式会社インターネットイニシアティブ(神保町三井ビルディング17F)

  • JR
    • 御茶ノ水駅(総武線、中央本線)御茶ノ水橋口 徒歩8分
  • 地下鉄
    • 神保町駅(東京メトロ 半蔵門線、都営地下鉄 新宿線・三田線)A9出口・徒歩2分
    • 新御茶ノ水駅(東京メトロ 千代田線)B7出口 徒歩5分
    • 竹橋駅(東京メトロ 東西線線)3b出口 徒歩5分

定員

40名程度

参加費

500円
※勉強会運営費として頂いています。

懇親会

終了後、懇親会を予定しております。予算3500円程度で会場近くで開催します。 ※学生は優遇予定です。

タイムスケジュール

(詳細な時間は変更される場合があります)

13:00
受付開始
13:30
開始・開会挨拶
13:40
第1セッション:Webの仕様変更に強いスクレイピング手法(nya)
14:10
休憩
14:20
第2セッション:cocos2d for iPhone 事始め(akio0911)
14:50
休憩
15:00
第3セッション:Androidアプリ開発者の方へ最低限お願いしたいこと(片山 昌樹)
15:30
休憩
15:40
第4セッション:IIJmio高速モバイル/Dサービスについて(佐々木 太志)
16:20
休憩
16:30
ライトニング・トーク
17:00
終了・懇親会場へ移動
終了後
懇親会 (会場近くの居酒屋で開催予定)

スピーカー・セッション

Webの仕様変更に強いスクレイピング手法

APIがなければスクレイピングすればいいじゃない。 なんですが、スクレイピングはWebの仕様変更によって容易に動かなくなるので、 特に審査期間のあるiOSアプリでは問題になります。 そこで、Webの仕様変更に強いスクレイピング手法として、 スクレイピング定義をプログラムから分離し、サーバ上に配置する手法を紹介します。

スピーカー: nya

ずっとMacアプリを作っていましたが、 iPhoneが出てからはずっとiOSアプリ作ってます。

cocos2d for iPhone 事始め

cocos2d for iPhone を使い始めるにあたって必要となる基礎知識などについ て解説します。

スピーカー: akio0911(@akio0911)

個人ブログ「拡張現実ライフ」を運営。cocos2d for iPhoneレッスンノートを執 筆(共著)。 世田谷ものづくり学校の自由大学にてアプリクリエイター道場の講師を担当。ア プリクリエイターにメイキングストーリーをインタビューしていく番組「ハイ パーアプリクリエイターズ」も手掛ける。

Androidアプリ開発者の方へ最低限お願いしたいこと

Androidアプリの開発時に、気をつけて欲しいセキュリティの要素を、その理由も含めていくつかTIPS的に紹介させていただきます。

スピーカー: 片山 昌樹

株式会社ケイビーエムジェイ ケイビーエムジェイ サイバーセキュリティラボ 主席研究員

  • Webサイト: KBMJ

IIJmio高速モバイル/Dサービスについて

IIJが今年2月から始めたドコモLTE/3G網を利用した MVNOサービスである「IIJmio高速モバイル/Dサービス」 について、コンセプト、技術的な特長をご紹介します。

スピーカー: 佐々木 太志

IIJ ネットワークサービス部 モバイルサービス課 担当課長

ライトニングトーク

5分間の全力全開セッション!
題材はスマートフォンやガジェットに関することなら何でもOK!熱く語ってください!
当日参加される方でLTがやりたい人は事前にスタッフまでご連絡ください。(メールでもTwitterでもOK)
当日飛び入りでもOKなのでLTがやりたい人は、LT資料を用意しておいて受付時スタッフにお知らせください。

参加申し込み・お問い合わせ

人数に達したか募集期間終了のため募集を締め切りました。

  • キャンセル待ち等、直接ご質問のある方はメールにてch3cooh393[アット]gmail[ドット]comまでお問い合わせください

参加申し込み一覧

Last modified:2012/05/14 10:13:22
Keyword(s):
References:[過去の開催]